05 << 2017/06 >> 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2011-06-17 (Fri)
数ヶ月前にお師匠様のところから家にやってきた
楊貴妃出目ちゃんの女の子…。

その頃はまだ身体も小さくて、一緒にきた♂の後を
必死においかけてまわってた。

そしてやっとお年頃になってきていた震災後のある日、
その♂が逝ってしまい、未亡人になってしまいました…。

後日お師匠様のところから再度夫候補をいただきましたが
出目娘ちゃんはその出目さんを受け付けず、ぽんぽこな
お腹になっていきました…。

このままでは過抱卵になってしまう…。

そう思ってレッドタイガーの♂を入れてみたら、拒む様子も
なくそのまま産卵!!

でも私としては、出目同士のかけあわせで、是非ベビーを!と
思っていたので、再びレッドタイガーさんと離して出目ペアで
飼育を続けていました。

けれど、出目娘ちゃん…どうしてもその♂と気が合わなかった
ようで、その後一度も卵を産むことはありませんでした。

そして襲われた水カビ病…。

薬浴+塩浴+水温を上げる

それで治療を1週間開始。
その間に♂が先に旅立って、まわりの子達も息絶え…出目娘
ちゃんだけが最後まで頑張っておりました。

忘れ形見2

白いカビも消え、やせ細りもなく、食欲も戻り、薬浴から塩浴
+水温上げのみでさらに1週間。
狭い水槽の中を元気に泳ぐまでに回復してきていました。

これなら、もう大丈夫かも!
徐々に水温を落としていき、室内無加温の23度にあわせての
リハビリ中に…お別れはひっそりと訪れました。

朝の4時、ちびちび観音の卵を採卵に起きた時にまず最初に
出目娘ちゃんを覗く。

それがすでに日課になっていた。

「出目娘ちゃん、おはよ」小声で声をかけて覗き込んで
言葉を失った…。

敷き砂の上に静かに横たわった出目娘ちゃん。

急いで蓋をあけて触れてみても、もう死後数時間が経過して
いるようで反応はまったくありませんでした。

全身から血の気がサーっと引いて行くのがわかった。

私がもっと上手にケアをできていれば助かったのかもしれない
という後悔と…結局出目ちゃんとの間に卵を産ませることが
できなかった無念さ…。
無理に出目ちゃんとペアを組ませずに、相性のいいレッドタイガーと
ペアにしていたら、もっとたくさんの卵がうまれてきて、もっと
たくさんの命を紡いでいくことができたんじゃないのか…。

後悔ばかりがぐるぐると渦を巻いた…。

そんな私に唯一残された希望…。
それはレッドタイガーちゃんとの間に2回だけ産卵した10粒
の卵…。

1回目の卵は無事に孵り、今やっと1cm弱という大きさです。
(2回目は発病する直前のものなのでやっと卵から出てきたばかり)

まだ小さくて、楊貴妃出目の特徴もレッドタイガーの特徴も
私には見分けがつきません…。

忘れ形見


でも…この中から一匹でも、出目娘ちゃんの血を濃く受けついた
子がでてくれたら、少しは救われるきがするのです。

どうか1匹でもいいから…出目娘ちゃんに似たかわいい子が
出てきますようにと切実に願っています…



スポンサーサイト
* Category : めだか日記
* Comment : (4) |

* by クリリン
はじめまして〜?

何時もブログ拝見させて頂いていますが、めだかの飼育経験は浅く、洒落た言葉も持たぬオイラは、(あっ!クリリンです。)なかなかコメント入れる事が出来ずにすいません。m(__)m


「楊貴妃のデメタン」大変残念に想います。オイラも出目パンダを絶滅危惧種に追いやってしまって、偉そうな事言える立場ではないのですが…
最近、掛け合わせのF2にパンダの特長を受け継ぐ子が(目は出てないが…)出てきて喜んでいます。

きっと、「楊貴妃出目」も復活しますよ〜続報楽しみにしてます♪


いい加減なオイラのやり方なので、あまりオススメ出来ませんが、少しでも調子を崩した子を見つけたら系統維持は諦めて、沢山の仲間たちいる大きめゲージに移してあげると元気を取り戻す事が多い気がします。

めだか達も一緒に笑ったり・ケンカをしたり楽しい仲間たちの中にいれば、元気がでるのかな?

クリリンさん♪ * by ロゼ
くりりんさん、いらっしゃいませ!ヽ(^◇^*)/

レスが遅くなってすみません;;
ちょっと救急車で別荘に運ばれておりましたorz

めだかの飼育経験は私もかなり浅いので、同じようにこれから
勉強していこうと思っているお仲間ができて嬉しいのです(*´ω`*)

楊貴妃出目たん、がんばって孫までとりたいな~…
あの稚魚たちが減ることなく、ちゃんと健康な♂♀で揃ってて
くれればいんだけど、♀だけとか♂だけとかだったらどうしよう?;

>>少しでも調子を崩した子を見つけたら系統維持は諦めて、沢山の
 仲間たちいる大きめゲージに移してあげる

ああ、やっぱりクリリンさんもそれをお感じになってました!?

実は私もなんとなくなんですが、家はどうにも♂が短命家計で
未亡人が多くなるのですが、ペアから1匹になってしまうと、
今までの元気が嘘のように弱ってしまうパターンが多いと最近
思っておりました。

しかたなく未亡人同士とかを同じケースにするとまた元気でたり…。

きっと人間と同じようにペアの相手に対して「相性」も「愛情」も
存在するのではないかと考える今日この頃です…。

普段のペアリングもグレードより相性!で行っているので
これからもそれを大事にして行きたいと思います!

…でもそれをやってるとスーパーとか私は一生無縁な気がしますorz


こんばんは〜! * by クリリン
て、大変だったのね…

空気読めなきゃ間も悪いクリリンです。

復活祝いにドピンクめだか情報〜

と、言いたいところだが、結構探したのだが見つかりでした…(汗)

お気持ちだけと言う事でお願いします。m(__)m


ロゼさん(で、いいのかな?)とオイラは、メダカ飼育で言えば同級生ぐらいなのかなぁ?

オイラはピカピカの一年生だから「初めての夏!」なのです(笑)


ブログ更新楽しみにしてるぞー!

此れからコメ入れまくり〜(笑)

クリリンさん * by ロゼ
お気持ちだけありがたくいただきます!

私のメダカ飼育は去年の11月からなのです♪
これから真冬って時に飼いだしたお馬鹿さんなのです(笑)

しかもそんな季節に卵買ってとかね、今だったらどれだけ
自分が冒険家なのかわかります^^;

クリリンさんはいつ頃から飼育を始めたのでしょうか。
お互いに初めての夏にわくわくどきどきですね!

がんばりましょう(`・ω・´)ノ

コメント:







管理者にだけ表示を許可する